さとうきび畑などで知られる歌手・森山良子さんとはどのような方なのでしょうか?

息子は森山直太朗さんですが、娘の森山奈歩さんや夫の現在は?

また、娘の結婚や旦那子供、自宅や血液型、経歴などwikiプロフィールとともに調べてみました。

森山良子さんのプロフィール

名前:森山良子(もりやま りょうこ)
出身地:東京都
生年月日:1948年1月18日
年齢:69歳(執筆時)
血液型:B型
学歴:成城学園高等学校卒業
現職:歌手
所属事務所:エンジェルソング
レーベル:ドリーミュージック

森山良子さんは1948年東京都生まれ。

父親は日系二世のジャズトランペッター・森山久さん、母親は元ジャズシンガーの浅田陽子さん、従兄がミュージシャンのかまやつひろしさんという、音楽一家でした。

高校時代に先輩の黒澤久雄さん(黒澤明監督の長男、現・黒澤プロダクション代表)に手渡されたジョーン・バエズのレコードがきっかけで友人らとフォークグループを結成。

1967年に黒澤プロダクション所属の歌手として『この広い野原いっぱい』でデビューを果たします。

なお、このデビューは、森山良子さんの歌声をたびたび聞く機会のあった黒澤明監督の意向によるものだったのだそうです。

1969年に紅白歌合戦に初出場を果たし、以後合計10回の出場歴があります。

以後も数多くのヒット曲を生み出し、『涙そうそう』の作詞、『さとうきび畑』などは特に有名です。

また、ソロ活動と並行して、2010年には矢野顕子さんとユニット「やもり」を結成。

さらに1985年のTBS系『金曜の妻たちへⅢ』でドラマ初出演以降、数多くのドラマ、映画に出演するなど、幅広く活躍しています。

森山良子さんの最初の結婚

森山良子さんは2度の結婚歴があり、2度とも離婚しています。

最初の結婚相手は静岡県出身の上智大学の学生で、歌手・森山良子さんのファンだった男性でした。

1971年にハワイで挙式し、同年、第一子となる長女・奈歩さんを出産しますが、75年に離婚。親権は森山良子さんが持つこととなりました。

この元夫の男性は、静岡県浜松の鉄工所の跡取り息子で、現在は代表をなさっているとのことです。

離婚理由についてですが、次のような事が言われています。

Aは、実家が地元・浜松で鉄工所を営む、いわゆる跡取り息子。社長を務める父親は自らは軽自動車に乗りながら、息子にはスカイライン2000GT、トヨタ2000GT、フェアレディZなどスポーツカーを次々に買い与えていた。典型的なボンボンだったのだ。

出典:https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/139706/2

「いつまでも大人になりきれない夫に愛想を尽かしたんです。Aはあまりにもワガママで独占欲が強かった」(女性誌記者)

出典:https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/139706/2

あくまで週刊誌の報道であり、真相は定かではありませんが、いずれにせよ、いわゆる「性格の不一致」が離婚の原因と考えられそうです。

次ページ:森山良子さんの再婚、娘・森山奈歩さん、娘婿、自宅について