梅沢富美男さんの妻、フィトセラピストの池田明子さんとはどのような方なのか?

子供、職業や年齢生年月日、血液型、実家、経歴などwikiプロフィールについて調べてみました。

池田明子さんのプロフィール

名前:池田明子(いけだ あきこ)
出身地:神奈川県川崎市
生年月日:1957年1月6日
年齢:60歳(執筆時)
血液型:B型
学歴:新渡戸文化短期大学 臨床検査学科卒業、九州保健福祉大学大学院 保健科学研究科 修士課程修了
現職:フィトセラピスト

池田明子さんは1957年神奈川県川崎市生まれ。

新渡戸文化短期大学臨床検査学科卒業後、臨床検査技師として病院に勤務。

その経験から伝統医学に興味を持つようになり、アーユルヴェーダを経てフィトセラピー(植物療法)を学び始めます。

フィトセラピーというのは、植物の持つ生命力の助けを借りて、人間がもともと持っている自然治癒力を高め、美と健康を実現を目指す療法のことで、ハーブやアロマセラピーなどもフィトセラピーに含まれます。

2006年に東京・自由が丘にフィトセラピストの養成学校「ソフィアフィトセラピーカレッジ」を設立し、代表に就任。

現在、一般社団法人日本フィトセラピー協会代表理事。講演、文化活動、著書多数。

池田明子さんの実家

池田明子さんの実家は、建設業・不動産業(マンションの建設販売など)を営んでいたとのことです。

池田明子さんは短大卒業後、臨床検査技師として病院に勤務していましたが、実家の都合で父親の会社を手伝うようになったそうです。

バブル時代は非常に景気が良く、贅沢三昧だったようですが、バブルが崩壊し、また父親が病気に倒れるなどで経営が傾き、多額の借金を背負うようになります。

しかし、池田明子さんは資金繰りや借金の返済に奔走し、見事この危機を乗り越えることができたとのことです。

池田明子さんの旦那は梅沢富美男さん。結婚馴れ初め、子供

池田明子さんの旦那さんが梅沢富美男さんであることは有名ですよね。

2人の馴れ初めは、1987年に催された、ハワイやロサンゼルス、サンフランシスコの日系人のための「移民百年祭」というイベントがきっかけでした。

池田明子さんのご両親が梅沢富美男さんのファンで、池田明子さんは両親に連れられて観劇しにアメリカまで行ったのだそうです。

梅沢富美男さんの一目惚れだったそうですが、当初は池田明子さんのことを20歳くらいと思っていたのだとか。

当初、梅沢富美男さんはほんの軽い気持ちで遊びのつもりでしたが、後で池田明子さんの実年齢が30歳だったと分かり、責任を感じて結婚するに至ったとのことです。

現在、池田明子さんと梅沢富美男さんの間には2人の娘さんがいます。

長女は智香さん、次女が名津美さんといい、2017年現在でそれぞれ25歳、21歳になるようです。

なお、結婚式は挙げていないそうですが、梅沢富美男さんはかわりに150万円もする大きなエメラルドの結婚指輪をプレゼントしたのだそうです。

ところが、池田明子さんの指が細すぎたため、サイズが合わず、直すはめに。

すると、池田明子さんは、サイズを直すだけでなく、指輪そのものをダイヤに換えると言い出し、梅沢富美男さんがカンカンになって怒った、ということがあったようです。

梅沢富美男さんと言えば、スキがあればすぐに女性をナンパするほどの女好きで知られており、娘の友達までターゲットにしたことがあるという強者です。

池田明子さんの半生やエピソードを聞くと、非常に精神力が強靭な人であることが分かります。そのくらいでないと梅沢富美男さんの妻は務まらないのかもしれませんね。

以上、池田明子さんについてでした!