山田邦子さんと言えば、かつて一世を風靡し、「唯一天下を取った女芸人」の異名を取るタレントですが、その今現在は?

また、旦那の後藤史郎さん、子供や乳がん、若い頃、最高月収金額は何円かなどについて調べてみました。

山田邦子さんのプロフィール

名前:山田邦子(やまだ くにこ)
本名:後藤邦子(ごとう くにこ)旧姓山田
出身地:東京都板橋区
生年月日:1960年6月13日
年齢:57歳(執筆時)
身長:168cm
血液型:B型
学歴:川村短期大学家政科卒業
現職:タレント、女優、司会者、小説家
所属事務所:太田プロダクション

山田邦子さんは1960年東京都生まれ。

学生時代からモノマネで数多くの素人参加番組に出演し、常連として有名な存在でした。

『笑ってる場合ですよ!』の素人勝ち抜きコーナー「お笑い君こそスターだ!」に出場し、バスガイドのネタでチャンピオンになり、プロとして太田プロダクションに所属。

『邦ちゃんのやまだかつてないテレビ』や『邦子がタッチ』など数々の冠番組を持ち、1988年から1995年まで、NHKの「好きなタレント調査」において8年連続で第1位を獲得するなど、全盛期は「女芸人で唯一天下を取った」と称されるほどの活躍ぶりでした。

しかし、1995年から露出過多が原因となり、担当番組の視聴率が低下し、さらに恋愛スキャンダルなどのバッシングも起きてしまい、好感度が急降下。

1997年には冠番組をすべて失います。

以後、2007年の乳がん罹患をきっかけに、がんの啓蒙活動に携わるようになり、2009年、NPO法人「リボン運動 がんの薬を普及する会」を結成し、代表理事に就任。

また、2011年より、日本初上陸のブラジルのファッションブランド「カルメン・ステファン」のジャパンプロデューサーを担当。

2011年3月11日の東日本大震災以降は被災地の岩手県山田町などで復興支援活動を継続し、2013年10月には「山田町復興ふるさと大使」に任命されるなど、本業以外の活動を幅広く行っています。

本業では、テレビ東京『痛快!買い物ランドSHOPJIMA』の司会、NHKラジオ第1『日曜バラエティー』総合司会、インターネット放送の『山田邦子のなんなんでショウ』など、いくつかの番組で司会を担当しています。

なお、山田邦子さんは、現在も現役の芸人として活動を続けることにこだわりと情熱を持ち続けています。

所属事務所のお笑いライブ『月笑』に不定期にゲスト出演したり、『日曜バラエティー』内のコーナー「邦子の何なんでSHOW」では、歌やモノマネのワンマンライブショーを繰り広げています。

山田邦子さんの若い頃

山田邦子さんの若い頃ってどんな感じだったのでしょうか?

こちらに若い頃の画像があります。

1989年ごろのCMですので、29歳くらいですね。今とあまり変わっていない印象を受けます。

山田邦子さんの結婚、旦那、子供、最高月収や乳がんについては次のページで!