ワハハ本舗の犬吠埼にゃんこと西村友里(ニシムラユリ)さんがザ・ノンフィクションの不幸の履歴書2に登場。

多くの女性の持つ悩みとして近年クローズアップされている「母が重い」という問題を抱えているそうですが、どのように向き合っていくのか?

その様子がザ・ノンフィクションで描かれるようですね。

西村友里さんのプロフィール

名前:西村友里(にしむら ゆり)
芸名:犬吠埼にゃん(いぬぼうざき にゃん)
出身地:滋賀県
生年月日:1987年4月16日
年齢:30歳(執筆時)
身長:153cm
体重:46kg
スリーサイズ:85-62.5-90
血液型:A型
学歴:高等学校卒業程度認定試験合格(高卒と同等)
現職:役者
所属事務所:ワハハ本舗

西村友里さんは1987年滋賀県生まれ。

4歳の時から日本舞踊を習っており、児童劇団や市民ミュージカル、社会人劇団など、さまざまな団体を渡り歩きます。

横浜の「八景島シーパラダイス」や「アジアンキッチン サワディー横須賀」などに勤めながらの活動だったそうです。そのためか、タイ語が話せるのだそうです。

27歳のときに、久本雅美さんや柴田理恵さんの所属する劇団として知られる「ワハハ本舗」のオーディションを受けて、芸能界入り。

「犬吠埼にゃん(いぬぼうざき にゃん)」の芸名で、若手たちによる新劇団「浅草ワハハ本舗娯楽座」の立ち上げに参加。

現在、娯楽座を中心に、ミュージカルや舞台、ラジオドラマなど幅広く活動しています。

西村友里さんの母親、結婚、彼氏は?

西村友里さんがザ・ノンフィクションに取り上げられるのは、主に母親との関係においてです。

そもそも20代後半になって芸能界に飛び込んだのは、「母親との関係、そして自分自身を変えたい」ということが動機でした。

母親は、ステージ後の西村友里さんに対してなりふり構わずべったりつきまとうかと思えば、演技やパフォーマンスに厳しいダメ出しをするなど、いわゆる「過干渉」な親のようです。

さらに、西村友里さんの恋愛にも口出しをするのだとか。

西村友里さんには彼氏がいて、同棲しているようですが、2人合わせても収入は少なく、カツカツの生活のようです。そういうこともあって、きっと口出ししたくなるのでしょうね。

でも、立派に社会人としてやっていっているわけですから、干渉せずにただ見守っていれば、と思うのですが、母親にとってはそうもいかないのでしょうね。

最近流行りの言葉に「毒母」というものがありますが、まさにその言葉を体現するかのような振る舞いと言えます。

もちろん母親は、西村友里さんを傷つけたり苦しめたりする意図はなく、娘を大切に思っているからこその行動なのだと思います。

ただ、その「よかれと思って」している行動や言動が、いちいち娘にとって「重い」「しんどい」ということなのですね。

最近流行りのテーマなので、よくドラマ化されていますね。

波瑠さん主演のNHKドラマ「お母さん、娘をやめていいですか?」や、高畑充希さん主演の日テレ「過保護のカホコ」などに、その典型的なパターンを見ることができます。

その重さに耐えきれなくなりそうだった西村友里さんは、ついに母親と向き合う決心をしますが、果たして望みどおりの結果は得られるのでしょうか?

2017年8月6日のザ・ノンフィクションの放送でその様子が描かれるようですが、生まれたときから何十年も続いてきた関係性ですから、一度や二度の話し合いくらいで解決することではなく、長い年月が掛かるのだと思います。

そういう意味でも、ザ・ノンフィクションの他のシリーズのように、続編を期待したいところですね。いずれにせよ、放映がとても楽しみです。

ワハハ本舗のアポロこと石井夏喜さん(性同一性障害)も、過去にザ・ノンフィクションに出演しています。