美人クラシックギタリスト・村治佳織さん、右手の神経麻痺や舌腫瘍などに見舞われましたが、吉永小百合さんら多くの人に支えられて、現在は完全復帰している模様です。

その村治佳織さんの病気(舌腫瘍)は酒好きタバコ好きが原因と言われますがその真相は?

また、結婚相手の旦那や子供についても調べてみました。

村治佳織さんのプロフィール

名前:村治佳織(むらじ かおり)
出身地:東京都台東区
生年月日:1978年4月14日
年齢:39歳(執筆時)
学歴:女子聖学院中学校・高等学校、エコールノルマル音楽院(パリ)卒業
現職:クラシックギタリスト
レーベル:デッカ・レコード
所属事務所:村治事務所

村治佳織さんは1978年東京都生まれ。

父親はクラシックギタリストの村治昇さんで、3歳の時からギターを厳しく訓練されたといいます。

その厳しい訓練により、村治佳織さんの才能は早くに花開き、

1989年、ジュニア・ギターコンテスト最優秀賞

1991年、学生ギター・コンクールにおいて、全部門通じての最優秀賞

1992年、ブローウェル国際ギター・コンクール(東京)と東京国際ギター・コンクールで優勝

など、数々の賞を受賞。1993年にはデビューリサイタルを開催し、CDをリリースするなど、非常に早熟なギタリストとして早くに世に出ることになりました。

以後も、日本をはじめ、イタリア、ドイツ、フランス、スペイン、中国、韓国、ベトナムなど国内外で数多くのリサイタル、ツアー、交響楽団や演奏家との共演を行います。

また、テレビやラジオ、CM出演、雑誌や新聞の連載や寄稿など、ギタリストとして以外にも幅広く活躍しています。

村治佳織さんの結婚。旦那、子供は?

村治佳織さんは2014年7月24日に、公式サイトにて以前より交際していた一般男性と結婚したことを報告しています。

ネット上では「牧野宗永」という名前が挙がっているようです。

ただ、念のため、あくまでネット上でそう言われているというだけであって、実際に牧野宗永さんが夫であるかどうかは不明です。

なお、牧野宗永さんについて簡単なプロフィールですが、幼少の頃よりヘルマン・ヘッセの『シッダールタ』に感銘を受けて仏教に興味を持つようになり、佛教大学の仏教学科に入学しています。

その後ネパールに渡りチベット仏教を伝授され、約8年間のチベット仏教僧院滞在を経て帰国。

現在はチベット仏教をアートや講演などを通じて伝えていく「仏教コミュニケーター」として活躍なさっているとのことです。

結婚した時期を見ると、村治佳織さんがちょうど舌腫瘍の長期療養の時期に重なっています。

おそらく旦那さんは、村治佳織さんの療養中、心身ともに大きな支えとなったものと思われます。村治佳織さんが結婚に踏み切ったきっかけとなったのかもしれませんね。

なお、子供は2017年時点でいらっしゃらないようです。

村治佳織さんの舌腫瘍、タバコや酒好きの噂については次のページで!