燃える秋やとと姉ちゃんの平塚らいてう役などで話題の真野響子(マヤキョウコ)さん。

その真野響子さんと夫・柴俊夫さんの馴れ初め・結婚や娘・柴本幸さん、妹の眞野あずささんなど家族、経歴wikiプロフィールについて調べてみました。

真野響子さんのプロフィール

名前:真野響子(まや きょうこ)
本名:柴本苑子(しばもと そのこ)
出身地:東京都
生年月日:1952年2月9日
年齢:65歳(執筆時)
身長:168cm
血液型:A型
学歴:桐朋学園大学短期大学部演劇科卒業
現職:女優
所属事務所:石井光三オフィス

真野響子さんは1952年東京都生まれ。

父親が日本航空(JAL)に勤務していた関係で、1959年から61年までサンフランシスコで暮らした経験があります。

桐朋学園大学短期大学部演劇科に進学し、就職の際には航空会社の客室乗務員の試験やドラマのオーディション、劇団民藝の入団オーディションなどを受験。

客室乗務員の内定は出ていたもののそれを断り、1973年に劇団民藝に入団、舞台『血の婚礼』でデビューします。

さらに、桐朋学園の卒業アルバムを見ていた当時NHKディレクターだった和田勉さんの目に留まり、73年にNHK『出逢い』でテレビデビューを果たします。

なお、「真野響子(まのきょうこ)」というのは本名ですが、これを「まきょうこ」と読む芸名を名付けたのは和田勉さんでした。

以後も劇団民藝の舞台のほか、ドラマや映画に多数出演。

バラエティ番組にも時おり出演しており、特に『SMAP×SMAP』のコーナー「BISTRO SMAP」1996年7月29日放送分にゲスト出演した際に、判定を下さずに引き分けとしたことはよく知られており、今も語り草になっています。

真野響子さんの妹・眞野あずささん

真野響子さんの妹は眞野(まの)あずささんです。

眞野あずささんの本名は「真野あづさ」で1957年生まれ。真野響子さんの5歳年下です。

聖心女子大学文学部英文学科に進学し、在学中に週刊朝日の表紙を飾ったことがきっかけで芸能界入りし、1982年のドラマ『風の鳴る国境』で女優デビューを果たします。

以後、サスペンス・ドラマの主演を中心に数多くのドラマ、映画に出演。

1985年にはサントリー『生樽』のCMで真野響子さんと姉妹共演を果たします。

ドラマや映画での姉妹共演は長らくありませんでしたが、2014年のテレビ東京のドラマ『マトリの女 厚生労働省 麻薬取締官』で、デビューから32年目にして初めて姉妹でドラマ共演したことが話題となりました。

私生活では、1980年に晴海の国際見本市でのアルバイト中に出会ったコンピューター会社の担当者だった男性と約10年の交際の後、1989年12月25日に結婚しますが、2005年12月に離婚しています。

真野響子さんの結婚、夫の柴俊夫さん、娘の柴本幸さんについては次のページで!