落語家の林家たい平さんと言えば24時間テレビのマラソンや梅干し、絵がうまいことなどが話題です。

その林家たい平さんになぜか「義足」というワードが。

林家たい平さんの妻や子供、姉や出身大学、身長などwikiプロフィールとともに調べてみました。

林家たい平さんのプロフィール

名前:林家たい平(はやしや たいへい)
本名:田鹿明(たじか あきら)
出身地:埼玉県秩父市
生年月日:1964年12月6日
年齢:52歳(執筆時)
身長:168cm
血液型:B型
学歴:武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業
現職:落語家

林家たい平さんは1964年埼玉県秩父市生まれ。実家はかつてテイラーメイドの洋服店を営んでいました(現在は母親が駄菓子屋経営)。

武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業後、1988年に林家こん平さんに入門。

1992年5月に二つ目に昇進。

2000年3月に真打に昇進。

2004年12月26日放送分から、師匠の林家こん平さんの代役として『笑点』大喜利に出演。

そして、師匠の復帰の目処が立たないことから、2006年5月21日放送分よりレギュラーメンバーに昇格し、現在に至ります。

2016年8月には『24時間テレビ』で100キロマラソンを完走したことが話題になりました。

林家たい平さんの嫁・田鹿千華さん

林家たい平さんの奥さんは、元フリーアナウンサーの田鹿千華さんです。

田鹿千華さんは1965年1月30日宮城県仙台市生まれで、林家たい平さんと同い年です。

大学卒業後、リクルートに入社し、人材開発部採用担当、広報室に勤務。

退社後はNHK-BSの初代スポーツキャスターに就任し、『ワールドカップサッカー』ではドーハの悲劇を当時開設だった岡田武史さんと進行するなどの経験があります。

その後も大橋巨泉事務所に所属し、芸能活動を続けますが、1996年に林家たい平さんと結婚し、主婦業・落語家のおかみさんに専念することとなります。

現在は林家たい平さんの個人事務所である「たい平事務所」の代表を務めています。

なお、林家たい平さんは『笑点』大喜利でしばしば田島千華さんをネタにしており、「恐妻」のイメージが持たれていますが、実際にはとても仲良しなのだそうです。

まあ、本当に鬼嫁だったらテレビでネタにできませんよね(^_^;)

次のページ:林家たい平さんの子供。娘が可愛い!義足の噂のなぜ、姉と吉高由里子さんの共演動画