珍島物語や夕月おけさなどで知られる演歌歌手・天童よしみさんはどのような方なのでしょうか?

結婚歴やすっぴん画像、本名や身長体重、年齢、出身地など、wikiプロフィールについて調べてみました。

天童よしみさんのプロフィール

名前:天童よしみ(てんどう よしみ)
本名:吉田芳美(よしだ よしみ)
出身地:和歌山県田辺市(大阪府八尾市育ち)
生年月日:1954年9月26日
年齢:62歳(執筆時)
血液型:B型
学歴:大阪女子短期大学附属高等学校卒業
現職:演歌歌手
所属事務所:天童事務所

天童よしみさんは1954年和歌山県に生まれ、4歳の時から大阪府八尾市で育ちます。

歌好きの父親の影響で、7歳のときから数多くののど自慢大会に出場し、ほとんどの大会で優勝するなど、幼いころから才能を発揮します。

フジテレビ『日清ちびっこのどじまん』に出場したところ、プロデューサーから日本コロムビアに紹介されます。

そして、1970年9月10日、本名の「吉田よしみ」名義でアニメ『いなかっぺ大将』の主題歌『大ちゃん数え唄/いなかっぺ大将』シングルをリリース。

72年には読売テレビ『全日本歌謡選手権』で10週連続勝ち抜きを果たし、7代目グランドチャンピオンに輝きます。

同番組の審査員の竹中労さん作詞の『風が吹く』で天童よしみとしてポニーキャニオンからプロデビュー。

芸名の「天童」は「天から授かった童」の意味で、竹中労さんが名付け親でした。

その後、10年にわたって低迷を続けますが、1985年のテイチクレコード移籍第一弾シングル「道頓堀人情」の発売に際して、日本全国を巡回する地道な営業活動を展開。

努力が実を結び、有線から次第に人気が出て、ヒット作となります。

そして、1993年にはNHK紅白歌合戦に初出場を果たし、1996年発売の『珍島物語』は130万枚の大ヒットを記録。

以後も多数のシングル・アルバムCDをリリース。

また、1997年の『珍島物語』から2016年『あんたの花道』(2回目)まで20年連続、累計で21回の紅白歌合戦出場歴を誇り、日本を代表する演歌歌手の1人として活躍を続けています。

天童よしみさんの身長、体重は?

天童よしみさんの身長は147cmとのことです。小柄な方ですが、あの美空ひばりさんも147cmだったそうです。

体重は非公表とのことですが、見た感じだと60kg~70kg台あたりではないかと思われます。

ちなみに、147cmの標準体重は47.5kgなのだそうです。

女性芸能人には160cm台後半~で45kgくらいの人がざらにいますが、いかに細いかが分かりますよね。

次のページ:天童よしみさんの結婚歴は?韓国人?すっぴん画像は?