渚まゆみさんと言えば、作曲家・浜口庫之助さんの妻としても知られる女優・歌手ですが、その今現在は?

若い頃や子供、孫など家族、経歴などwikiプロフィールとともに調べてみました。

渚まゆみさんのプロフィール

名前:渚まゆみ(なぎさ まゆみ)
本名:浜口真弓(はまぐち まゆみ)旧姓田代
出身地:東京都または秋田県
生年月日:1944年10月10日
年齢:72歳(執筆時)
身長:154cm
血液型:A型
学歴:頌栄女子学院高等学校中退
現職:女優・歌手

渚まゆみさんの経歴と旦那・浜口庫之助さん

渚まゆみさんは1960年に大映ニューフェイスに合格し、高校を中退。1961年の映画『夕やけ小やけの赤とんぼ』でデビューを果たします。

大映の新人スターとして売り出され、青春映画、ヤクザ映画、時代劇を中心に数多くのドラマ、映画に出演。

ある日、タクシーのラジオから流れてきた島倉千代子さんの『愛のさざなみ』を聴いて、そのメロディに心を打たれた渚まゆみさんは、

「いつかこの作曲家に曲を書いてもらいたい」

と願うようになります。

そして、1972年に日本航空のCMソングを歌うことでそれを実現します。

その作曲家が浜口庫之助さんでした。

浜口庫之助さんは、『涙くんさよなら』『愛して愛して愛しちゃったのよ』『バラが咲いた』『夕陽が泣いている』『夜霧よ今夜も有難う』『人生いろいろ』など、数々の名曲を世に送り出した、昭和を代表する大作曲家の一人です。

渚まゆみさんは1973年に浜口庫之助さんと結婚。大作曲家と大映スターの27歳差婚は当時大きな話題になりました。

浜口庫之助さんは1990年に73歳で亡くなっており、2017年には生誕百周年を迎えました。

渚まゆみさんは結婚後は芸能界を事実上引退しますが、浜口庫之助さんが亡くなった後、女優として復帰。

火曜サスペンス劇場や土曜ワイド劇場などのサスペンスものを中心に、『てっぺん』『ファイティングガール』、映画『仁義なき戦い』など多くの作品に出演します。

また、2015年4月には、ネットショップ限定ですが、アルバム『GOLDEN☆BEST limited 渚まゆみ 浜口庫之助を歌う』をリリースしています。

渚まゆみさんは秋田出身?東京出身?

渚まゆみさんの出身地ですが、「秋田県出身」と「東京都出身」の2つの表記があります。

渚まゆみさんは東京都港区白金台にある頌栄女子学院高等学校を中退して芸能界入りしています。

一方で、小学校は秋田市立明徳小学校であるという情報がありました。

ですので、秋田で小学生時代を過ごして、高校時代は東京に住んでいたということになります。

どちらに重点を置くかで出身地の表記が分かれているのでしょうね。

ちなみに、今でも秋田出身の人と話す時は秋田弁を使うのだそうです。秋田弁を話す秋田美人なんて、相当モテそうですよね。

次のページ:渚まゆみさんの若い頃が超ハーフ顔の美人!娘がエリートで孫もいる!