小説『わりなき恋』などが話題の大女優で作家の岸惠子さんの現在の住まい、なぜ綺麗なのか、また韓国との関係が関心を持たれているようです。

その岸惠子さんの年齢、自宅、夫、娘、若い頃などwikiプロフィールに興味があったので調べてみました。

岸恵子さんのプロフィール

名前:岸恵子(きし けいこ)
出身地:神奈川県横浜市
生年月日:1932年8月11日
年齢:84歳(執筆時)
身長:161cm
体重:47kg
学歴:神奈川県立横浜平沼高等学校卒業
現職:女優、文筆家

岸恵子さんはもともとは作家志望で川端康成をよく読んでいたそうですが、高校時代に観た映画『美女と野獣』で映画に興味を持ち、松竹大船撮影所を見学しているところをスカウトされます。

以後、『君の名は』三部作をはじめ、数々の名作映画に出演し、ヒット作を多く世に送り出します。

主人公の氏家真知子を演じた『君の名は』では、あまりの寒さにアドリブで耳や頭を巻いた「真知子巻き」が大流行するなど、社会現象にもなり、松竹の看板女優としての人気を決定づけます。

以後も市川崑監督作品をはじめ、数々の巨匠の作品に出演。

2000年に発表された『キネマ旬報』の「20世紀の映画スター・女優編」で日本女優の8位に、2014年発表の『オールタイム・ベスト 日本映画男優・女優』では日本女優の7位にランクイン。

日本の映画史を代表する大女優の一人としての評価が定着しています。

岸恵子さんの旦那

岸恵子さんは1957年、25歳の時にフランス人の映画監督で医師でもある11歳年上のイヴ・シャンピさんと結婚し、パリに移住します。

馴れ初めは、イヴ・シャンピさんが監督した1956年の日仏合作映画『忘れえぬ慕情』に岸恵子さんが主演したことから。

夫のイヴ・シャンピさんは、母親が世界的なバイオリニストだった影響で、「女性は手を大事にしなければならない」という理由で、岸恵子さんが料理をするのを禁じたのだそうです。

それがもとで岸恵子さんはノイローゼになってしまったそうですが、この時期にフランス語をマスターします。

そして、夫を通じてサルトルやボーヴォワールなど、当時のフランスを代表する文化人と交流を持ちます。

1963年には一人娘のデルフィーヌ=麻衣子・シャンピさんを出産します。

次ページ:岸恵子さんの離婚、イケメンの孫、若い頃が超美人!意外な韓国との関係とは?