東ちづるさんと言えば、お好み焼き屋のことが話題になりましたが、自閉症や加納典明さんとのことにも関心が持たれているようです。

その東ちづるさんについて、若い頃、旦那さんや子供などwikiプロフィールとともに調べてみました。

東ちづるさんのプロフィール

名前:東ちづる(あずま ちづる)
出身地:広島県因島市(現・尾道市)
生年月日:1960年6月5日
年齢:57歳(執筆時)
血液型:AB型
学歴:広島県立因島高等学校、関西外国語大学短期大学部卒業
現職:女優
所属事務所:ホリプロ

東ちづるさんの若い頃

東ちづるさんは、短大卒業後は元々OLをなさっていたのですが、会社や取引先などで「ものすごい美人がいる」と評判になり、広報的な業務にひっぱりだこだったそうです。

そんな東ちづるさんの若い頃の姿がこちらです。

さすが、本当に綺麗ですね。1990年ですからちょうど30歳くらいですね。

逆説的ですが、こういう若い頃の姿を拝見すると、むしろ若い頃と比べても変わらず美貌を保ち続けている、現在の東ちづるさんが凄いということに気付かされます。

東ちづるさんと自閉症の関係

東ちづるさんを検索すると「自閉症」という関連ワードが出てきます。

調べてみたところ、東ちづるさんは現在、障害者のアート活動を支援する一般社団法人「Get in touch!」の代表をなさっているようです

東ちづるさんご自身や子供が自閉症といったわけではないようですね。

他に、骨髄バンク、あしなが育英会、ドイツ平和村などのボランティア、慈善活動に尽力しています。

東ちづるさんは、父親がアルコール依存症で、母親からも子供の頃から過剰に期待され続けるという家庭環境に育ったそうです。

母親は、もともと親戚含め「ひがし」と読むはずの「東」姓を、「あ」が何事でも一番最初だという考えから「あずま」と読ませるような人でした。

東ちづるさんは、その母親からの期待を一身に背負い、数多くの習い事をこなし、常に優等生で良い子を演じ続けたといいます。

母親の期待に答えるために、教師を目指して国立大学を目指すものの、受験に失敗。

そのとき、母親は慰めたりねぎらったりする言葉の代わりに、

「18年間の私の期待を裏切ったわね」

と言い放ったといいます。

そして、その言葉がきっかけで、東ちづるさんは解離性障害に陥り、高校時代の記憶をほとんど無くしてしまったという、壮絶な過去があったようです。

後に東ちづるさんは、自身がアダルトチルドレンであることを知り、母親と2人でカウンセリングを受け、現在は良好な関係を再構築できているようです。

いずれにせよ、東ちづるさんがこれほどボランティア活動に入れ込むのは、もちろん性格的なものもあるでしょうが、自身の子供の頃のつらい体験が大きな要因の1つになっていることは間違いなさそうです。

次ページ:東ちづるさんと加納典明さんとの関係、結婚、旦那の病気について