Sponsored Link

「芳根京子の難病、父や身長や高校、目や水着画像について」の続きです。

芳根京子さんの目

芳根京子さんと言えば、その大きな目が印象的です。

あまりにもぱっちり二重なので、整形疑惑も出ていたりします。

しかし、こちらをご覧ください。

yoshine-kyoko3

幼少期の芳根京子さんの写真ですが、とてもぱっちりしていますよね。

というわけで、芳根京子さんのぱっちり二重の目は、整形ではなく、天然であることが判明しました。

芳根京子さんの水着

芳根京子さんの水着姿が気になる人が多いようです。

調べてみたのですが、さすがにグラビア活動はなさっていないようで、その手の画像は出回っていないようです。

ただ、芳根京子さんのアメブロに、夏に友達とプールに行った時の写真がアップされているので、ご覧ください。

芳根京子さんの水着画像

残念ながら全身というわけにはいきませんが、かわいい水着姿ですよね。

Sponsored Link

芳根京子さんが難病?

実は芳根京子さん、中学2年生のときにギラン・バレー症候群という難病を患います。

ギラン・バレー症候群とは、国が指定した特定疾患(難病)の一種で、運動神経に障害を起こし、四肢に力が入らなくなる病気です。

症状が進行すると、歩行困難や呼吸困難や嚥下障害(物を飲み込めなくなる)に陥ります。

この病気にかかった有名人として、作家の中村うさぎさん、女優の大原麗子さん、タレントの安岡力也さん、元アメリカ大統領のフランクリン・ルーズベルトさんなどがいます。

中でも、大原麗子さんが闘病中にお亡くなりになるなど、命に関わる重大な病気です。

また、フランクリン・ルーズベルト元大統領は、この病気がもとで下半身が麻痺したと言われ、生涯を車椅子の上で過ごすことになりました(ポリオ説もある)。

芳根京子さんは幸運にも完治しましたが、1年間ほどのつらい闘病生活を送るはめになったそうです。

多感な思春期にこのような経験をしたことで、命の重さを心から実感したという芳根京子さん。

つらい試練でしたが、この経験で、周りに感謝する心を持ち、自分を強く持つことができるようになったようです。

そういう話を聞くと、芳根京子さんのことを一層応援したくなりますよね。

以上、芳根京子さんについてでした!

土村芳さんについてはこちら